効果の比較|ザガーロかフィンペシアか/それぞれの効果・副作用を比較

ザガーロかフィンペシアか/それぞれの効果・副作用を比較

効果の比較

指で摘んでいる薬

ザガーロもフィンペシアも、AGAを治療するときに欠かせない育毛剤として有名です。
みなさんが薄毛の治療をするとなった場合も、どちらかを利用する可能性は充分高いため、いざというときに備えて、今のうちからそれぞれがどんな効果を持っているのか知っておきましょう。

まずザガーロですが、これは2015年に厚生労働省から認可を受けた育毛剤で、かなり新しい部類になります。
そのため、まだザガーロのことを詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。
ザガーロは主成分をデュタステリドとしており、頭頂部・前頭部の両方に効果を発揮します。
AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という物質なのですが、5α還元酵素がこのDHTを生成しています。
デュタステリドはこの5α還元酵素のはたらきを抑制することができるため、自然とDHTの生成を防いでくれるのです。
世界的に有名な育毛剤であるプロペシアと似た効果を発揮するうえ、プロペシアよりも効果が強力なことから注目されています。

一方、フィンペシアですが、こちらは以前から知られている育毛剤で、世界的にも愛用しているAGA患者は多いです。
フィナステリドを主成分としており、こちらも先ほど紹介した5α還元酵素のはたらきを抑制してくれます。
しかし、ザガーロと違う点は、あちらはⅠ型とⅡ型の両方に効果があるのに対し、こちらはⅡ型にしか効果を発揮しません。
また、効果範囲も違い、フィンペシアは主に頭頂部の薄毛・抜け毛に効果を発揮します。
前頭部にはそこまで強い効果が期待されないため、M字ハゲなどで悩んでいる男性には不向きかもしれません。